介護保険に負けた、「福祉」

福祉 には哲学が必要だ。

台風が過ぎて。

「台風が過ぎて、日常の普通が戻ってきたよ」

 

 

僕にとっての日常。

誰も居ないこの家の中で、静かな音楽と一緒になんでもない時間を過ごす。

時の流れはゆっくりで、しかし、少しずつきちんと時計の針は生真面目に動いている。

「動いていないのは、僕の心」

 

時々、僕は、時間というものは果たして本当にあるんだろうか。

そんな、少し変わりものであったらよく言うようなセリフの中に、ご多分に埋もれずに思ったりもする。

今の静けさがあまりにも静寂で、周囲からの影響を受けないものだから。

僕は現在の時間に生きているのじゃなくって、

過去の終わった出来事の中の僕に生きている、そこに生きようとしているんじゃないかって、思う。

例えば、ソレが僕にとってホントにそうであるのならば、

僕は現在に生きているということでなくって、過去の中に生きているということになるのかな。

もう少し言えば、今と過去の境目も無くなってしまって。

 

そんな時間を、時間と呼ぶには現実味が無くって、

こんな今は、心だけが動いている、どこでもない、どこかで。

 

「人は今の繰り返しの中で生きているんだ。未来にも過去にも生きることはできないんだよ」

「今を生きろ。今を生き切れ。在るのは、過去でも、未来でもない。永遠に続く今だけだ」

 

そう、物知りの人が言うらしい。

けれど、僕は思ったんだ。

今この瞬間思ったことは、思うと同時に過去になったことなんじゃないかって。

最も素晴らしいのは、時間の中に在るんじゃなくって、

うまく言えないんだけれど、

一番の本当の生きている世界って、思いも寄らない、ほんとうの意味で思いにも至らない心の世界で。

例えば、その日、初めて窓を開けて朝の日差しを浴びるとする。

眩しいという感覚と、温かいという感覚の中にこそ、動いたモノが間違いのない。

「生きている世界」なんじゃないかなって。

 

だから、

過去でもない。未来でもない。まさか今現在でもない、

時間という人間が考えたシステムに影響されていない、世界で生きている(?)僕は、

「生きているのでもなく、死んでいるわけでもない、移動する感覚器」

なのかな。

 

けれど、さ。

僕は、それではあんまりにも、寂しいからって、

過去のすべての中で、生きることを選んでいるんだって、今はそう思う。

 

 

今日の仕事に結果を付ける。

覚書:::

 

毎日の忙しさの中で、

明日に残した仕事というのはとても気になり、ソレが毎日続くというフラストレーションは、以外にストレスとなって自分を消耗させる。

 

意識的に、今日の仕事で終えたことを確認してから、タイムカードを切る必要もあるだろう。

例えば、今日ご利用者や患者とコミュニケーションがうまく行かなかった、

自分の支援が相手に通じなかった、真意がわかってもらえなかった、

はたまた、ご利用者、患者とトラブってしまい明日どのように会話したら良いかわからない。

という、今日の仕事の結果、明日以降の出来事を左右させる、継続した関係性の仕事であるからこそ、

今日の仕事の終わり、というものを意識して置くことが有意義であったりする。

 

ご利用者や患者とトラブったとしても、落ち込みながらも、

ほぼ9割方はその関係は長く続かずに解消していく。只一点、こちらが諦めなければ。

だからこそ、今日のやり方の結果というものはソレそのものとして、終えたことなのだ。

プラスやマイナスなどは、経営上の数字の世界の話であって、

「私」と「クライエント」の関係性の上では、マイナスの交流が今日であるお陰で、

明日以降のプラスを導き出す事も多い、関係性の深まり。

 

今日の仕事を、ネガティブな感情で終えてもいい。

そう決めてしまう必要がある。

そしてそれは長く続かないと、信じる。

仮に、本当にうまく行かないまま別れが来てしまったとしたら、

その人は、背負うリュックの一つのポケットに入って貰う必要のある人、なのかもしれない。

でも、ただそれだけだ。

 

なぜなら、

相手のある限り自分がいくら努力しても、相手の期待に応え続けるということは無力であるから。

 

今日の結果は、自分にとって快いものでなかった。

でも、それでいい。

きちんと「快くなかった」という結果を出したのだから、それでいい。

 

明日が来る人というのは、きちんと今日行動し結果を確認した人たちだ。

何も行動しない、自覚のできない人には、明日は来ない。

朝日を浴びているくせに、昨日の連続であるかのように、暗い顔をする。

 

 

過ぎた出来事の中にこそ。

僕は、あの頃をいくつも背負い、抱えて生きている凡夫だけれど、

幸せを知っている、ただの凡夫になれたのかもしれない。

 

今が、どんな姿であろうとしても、

あのとき、こうしていれば、とか、

今を嘆いて後悔して、できることなら、その、あの頃に戻りたいという、

強く、儚くても強烈な気持ちを、抱いていない。

 

いつからか、

いつも、今が一番幸せに思えるような、気持ちでいる。

 

あの頃の自分の幸せを、大事にするために。

心のなかで生き続ける、様々な思い出を抱いている今が、

今が愛しい。

 

この間までは、

僕のこんな気持は、今の自分を作ってくれたのはあの頃の出来事たちだから、

こんなふうに思うんだろう、なんて思っていたけれど、

それは少し違っていて、

あの頃たちは、今の自分の心の中に、しっかりと生き続けているからこそ、

あの頃に戻ってしまうということは、

今の心のなかで生きる事柄たちを、変えてしまうことになってしまうのだろう。

本能的に、そう思えていたからなのかもしれない。

 

後悔を、知らないわけでは、もちろんなくて。

どうしようもない、果てのない暗闇の中もあるけれども、

その中で見えていたものが、時間はかかったけれど輝くこともある。

それを分かれたから。

 

ごまかすことなく生きる強さを、

弱い自分を悔い続けるのではなく、背負い抱え歩く覚悟に変えて。

一歩の歩みは、とても歩幅が狭くのろくとも、

背負っている、抱えている、事柄たちに、

今も、将来も、助けられ、その事柄たちの中で生き続けられること。

 

幸せは、

 

常に、伴走してくれていて、

本当に疲れたら、背負った事柄を地面に降ろし、

その事柄たちの中に、微笑みと一緒に生きればいい。

 

楽しかったことも、つらかったことも、今つらいということも、

すべて、

幸せの中に、きちんと優しく揺れている。

 

 

季節の到来。

あの、君と初めてであった季節がまた来ようとしている。

 

初めて君の顔をみて、僕の心はいっぺんに君の色に染まった。

僕の人生に、こんな瞬間が来るなんて信じられない気持ち。

 

君は淡い、紫色だった。

とても可憐で、どこかミステリアスだった。

清楚でもあって、それでいて女性らしく艶っぽかった。

僕はきっと、そんなとき、

君の隣にいると君を引き立てさせることができるような、色をしていただろうか。

雪が降り出しそうな、グレーの空。

すべてのものが、ひっそりただひたすらに耐えている世界の中で。

 

白いコートを羽織っていた君は、

同じくらい白い顔に、うっすらピンク色をした頬の横顔をして、

急に僕に、何かを語りかけた。

うっとりするくらいに、素敵な、声で。

 

君を待っていた時間のせいで、

とっくにかじかんでしまった手を、気にしながら。

君は恥じらうこともなく、あたりまえに僕の手を握った。

はえらく不釣り合いではないか、そんな事に気を取られて、

君が思い切りの笑顔を僕にくれていたことに、気づかなかった。

 

やさしさとか、おもいやりとか、

あまり語り合わなかった時間が、過ぎていた。

朝の慌ただしさも、当たり前だったし、

僕らの忙しさも、二人のいる時間の普通だった。

いつしか、こんな当たり前の時間の中に二人はいれたんだね。

 

ぼくのため、きみのため、だれかのため。

将来があるから、僕らのどちらかが弱いから。

ふたりのなかに、そんな理由を探すこと自体が不潔なようで。

ただ、時間というものだけが過ぎていったのだ、と思うことこそ、

いまの、静かになった朝のくりかえしに、しっくり来る返事だ。

 

世界は、やさしく、

朝を僕にくれて、夜を僕に溶けさせてくれている。

白いコート。

淡い紫の色。

うっすらしたピンク色。

グレーの寒波に、君の姿はなんて、かけがえのない。

 

時間が過ぎたんだ。

じかんがすぎただけだよ、って。

 

千や万の理由なんて、全てウソになる。

理解をするなんて、滑稽な偽物になる。

あたりまえに、お互いを必要としていた時間だけが、

「 僕は、すべての時間の中で、君を感じられる 」

 

僕は、青色になった。

うっすら水色がかった、青色だ。

 

 

AIを否定はしないけれど。

人工知能の、現在と未来。

 

なんて、もう古いのだろう。

 

人のやることだから欠点もあるし、便利という不便もあるんだろうし、

 

人工の知能を必要とするほど、人間の生活は複雑化したんだろうか。

って、思う。

仮にそう、複雑になったのだ、としても、

その複雑系の社会に、人の幸せがあるんだろうか。って。

 

今の社会は便利で、

だけれど、便利になるためのツールはいつも最先端で付いていくことに辟易する。

iPhone、直感的な操作なんて、素晴らしいツールであるけれども、

このツールができたおかげで、人の時間の消費と欲望は増したと思う。

便利や刺激を求めてやまない社会というのは、

まるで原子力発電のように、使い物にならなくなった後の処分の仕方がわからない「シロモノ」のようだ。

 

貧しすぎてシンプルな暮らしは、豊かさと刺激を求めて、

複雑さと24時間動き続ける社会は、静けさと温泉を求める。

 

お金で動く社会に守られながら、

お金の奴隷である生き方を否定したい、と思い続ける。

 

こんな、矛盾、と。

愛の定義は統計的な把握はできても、それを感じることは、

人間にできても、コンピューターにはできない。

 

なぜなら、愛を感じることというのは、

人間の有限性と、矛盾の存在の儚さ、時間とともに変化する無常。

そして、それらどれでもない時間軸の中に、愛を感じていくのだから。

 

重ねて言うと、

人は、人工の知能を必要とするほどに、完璧さを必要なんだろうか。

ただ、生きるのに、必要だろうか。

 

AIをディスっているんじゃなくって、

逆に、無責任に、欲望と興味、止まれない新しい物好きな人間の佐賀のために、

ソレだけのためにであるのなら、

そんなのに生まれされるコンピューターがかわいそうだと思うから。

 

同時に、

そんな、おろかで賢い、人間というものが、なんとも未熟で完璧に人間らしく歯止めなくしょうがなくって、

愛しい気持ちにもなる。

 

 

「すべての時間の中で、僕は今を生きている。」 By 市川拓司氏

小説、「こんなにも優しい、世界の終わりかた」を読んでいる。

初々しい、恋愛小説であるんだけれど、

好きな人をあまりに好きであるばかりに、自分を卑下してしまう。

結果、自分の感情を相手に伝えることも、

結果、自分の感情のままに行動することも、

それは、相手を、恋する人を、汚してしまう、陥れてしまうことになるのではないだろうか、

という、恐れに、純粋さ、青春さを感じつつ読み進めている。

 

経験の多さだけで、大人になったのだとは思わない。

けれど、

ひとつの出来事を、真剣に感情を振幅されて迷い、悩み、行動し、沈黙し、

思いやり、正義とは、正しいとは、自分とは、あの人は、と。

 

大事に、一生懸命忘れずに正面から、向き合い逃げることはしなかった。

 

今までの、すべての時間を、

人並みに忘れ、記憶していることは記憶しながら、生きている。

 

大事なこと、真剣であったこと、真剣な気持ちをいただいたこと、

そういうことは、必要なことは覚えているはず。

そんな、時間の中を生きていた。

思い出という形にはなるのかもしれないけれど、

思い出の中に生きる僕は、今を生きる僕と何ら変わらない。

 

今の僕は、成長したのかもしれない。

その分、成長した分、捨ててしまったもの、見えなくなってしまったものもある。

けれど、思い出の中で生きようと思いでの中に埋没する時間の時、

僕は、どの時間の中でも生きられる。

 

「強さ」なのかもしれない。

「弱さ」なのかもしれない。

 

ただ、「すべての時間の中で、僕はいまを生きている。」

 

 

 

 

父の初盆にあたって。

今日は会社に休みを取り、お墓参りに行って実家に行きお線香を上げた。

久しぶりに見る、父の顔は、結構イケメンであった。

 

「俺が死んだらこれを遺影にしてくれ」と準備されていた、それは、今見事に遺言のとおりに仏壇に飾られ、僕らを見つめている。

 

日常の、仕事や家事という大事な雑用に紛れて、

もっときちんとしたお別れとか、きちんと悲しむとか、きちんと感動するとか、きちんと喜ぶとか。

気持ちの変化を味わいながら、生きていきたいと思う。

 

一つの訪問を終えて、涙を堪えながらバイクの運転をして次のクライエントの家に向かう。

今にもきっと泣きそうな顔をした、気持ちの悪い中年オヤジの姿であろうに。

 

次の家につくと、間もなく笑顔で冗談も交えて会話をする。

 

心が、宛もなくさまよい歩き始めているんじゃないだろうか。

行き先もない、置いてけぼりの、感情の涙は、いく粒でしょうか。

 

もっときちんと向き合いたい、と思いながらも、

忘れてしまった、感情は、どれくらいでしょうか。

 

父が「おまえはよぉ」って、言っている。