読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護保険に負けた、「福祉」

福祉 には哲学が必要だ。

恋文~変身~

真夜中に、誰かに呼ばれたような気がして、目が覚めた。

カーテンをめくると外は真っ暗で、自分がひとりでいる事を思い出した。

 

いつからだろう。

起きて一番最初に、君を思い出す事が始まったのは。

 

僕の消えかけた人生に、君が希望を持っていいんだよ、と言ってくれた。

昔っから、そうなるべきだってことは知っていたさ。

でも、勇気がなかったんだよね。

自分の人生を、暗いものにしておいて、

固く幸せにふたを閉めてしまっていた方が、楽だったから。

前を向いて生きていく強さって、

自分の為にでは、生き始められない。

誰かのために、そして誰かに頼って、僕は初めて勇気が持てたんだ。

もう一度、自分の人生を創ろう、って。

 

幸せになるのに、勇気が必要だなんて、人は笑うのかもしれない。

人が幸せを求める事は、自然にできるものだと決まっているのかもしれない。

けれど、

余りにまぶしい夢をみた後には、暗い洞窟のような場所が居心地いい。

弱くなってしまった心では、明かりのともる方へは歩けないのかもしれなくて、

幸せを求める、その事よりも、過去を生きた自分ばかり、想ってた。

人生の儚さをうたう人しか人しか、信じられない自分がいた。

人は記憶だけで幸せになれる。

誰かがどこかで言っていた。

その言葉だけに、しがみ付いて、泣いていた。

泣けば少しは楽になれる、それだけを信じて。

 

僕を、さっきまでいた洞窟から救い出してくれた人は、

決して強い人ではないんだと思う。

どっちかと言うとね、

弱くて、もろそうで、甘えん坊で、放っておくと心配になってしまう。

そんな、子供のような人なんだ。

器用に、社会に対しては、上手に器用に、生きようとして、

結構さまになる時も、たまにかもしれないけれど、あるみたい。

だけれど、根っこが不器用なもので、随分遠回りして生きてきたような、人。

素敵な人なんだ。

僕にとっては、

その人は、一生懸命生きて、

自分を必死に守って、けれど認められないことの方が多くって、

きっとね、僕なんかよりもつらかったんだと思うんだ。

僕の心は、きしむくらいにその人を助けたがっている。

何もできないのかもしれないけれども、

静かに隣に座って、体を寄り添わせ、同じ時間を生きたいんだ。

神様のくれた奇跡を、大切に大事に、僕のものだけにしてしまいたい。

 

ひとつ。だけ。

その人は、そんな人生を不器用に生きてきても、

自分を生きる事に諦めてはいやしなかった。

諦める事が、過去との契りであると信じる事に慣れ切っていた僕には、

そんな彼女の姿は、圧倒的な強さに思えて。

 

怯えている僕は、何度も何度も確かめた。

恥ずかしかったけれど、その人の前では自分の全部を見せられた。

見せてしまっても、不思議と大丈夫な予感があった。

受け止めて欲しい気持ちよりも、僕のすべてをわかって欲しい、

そう願っていた。

その人は、小さな優しい声で言ってくれた。

「いいよ」

 

 

さっきまで隣で寝ていたように、

あの人を感じるのだけれど、当然姿が無くって。

がらんどうに思える胸を、自分でなでながら。

 

遠くに住む、その人を思って黒い空を見る。

星は、小さいころから見慣れた冬の星たち。

友達のように、つらい時に守ってくれていたように、

今も、まるで僕の為に、けなげに輝いている。

僕は、その星たちに話しかけている。

 

「もう、僕は新しい人生を歩いてもいいんだってさ。

 信じられる人に出会えたんだ。

 けれど、僕はその人のそばにはすぐに行ってあげられない。

 どうか、星たち、その人のそばに行ってあげて。

 そして、僕がその人のそばに行けるまで、見ていてあげて欲しい。

 その為なら、僕はどうなってもいいよ。

 壊れたって、幸せだから。笑って終えられる」

 

願う事しかできないけれど、

願う事ならばできるから。

会えないつらさを胸に収めて、星たちに願い続けた。

 

今、その人はどうしているんだろう。

そんなことを何百回と空に問い続けている。

答えは返ってこなくって、その人を求め続けている自分がいる。

僕は、もう一度生きたがっている。

その人とならば、

自分でも知らなかった自分を生きられる、そんな気がして。

僕だったら、その人を幸せにできる。

そんな思い上がりのような、確信と同時に。

孤独の意味は、自分とその人の距離を感じる事。

いつか、いつか、いつかと、何百回と唱えた言葉に、

本当にいつか、会えた時に、今の孤独の意味は生きる意味に変わっていく。

万感の思いを込めて、伝えたい。

 

 

あらゆる愛しさを、教えてくれたその人へ。