読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護保険に負けた、「福祉」

福祉 には哲学が必要だ。

結婚と入れ歯。

結婚と入れ歯は、似ているな、と思う。

 

入れ歯は、どんなに優秀なDrでもそれぞれの歯茎に最初からピッタリ合うものを作れない。

入れ歯が合うには、歯茎の側が馴染んで形を合わせるしかない。

その間、歯茎が馴染むまでは痛みを伴う。

時には、出血する事もある。

 

だけれど、それに耐えた先には、

その人にとって、無くてはならない体の一部に変化する。

歯茎が悲鳴をあげていたはずなのに、いつの間にかその形に沿うている。

 

 

結婚もきっと、同じで。

 

神様は、どんなに優秀な神様でも最初からふたりをピッタリには作れない。

造らないのかもしれない。

苦労や痛みや不安に耐えた先に、

この人でよかった、そんな風に、

かけがえのない存在であることがわかるのかもしれない。

 

お互いの、別々の人生。

それを歩んできた者同士なのだから、最初から嚙み合わないのは自然な事。

苦労や痛みを共に味わい、その経験と歴史を積み重ねて、

お互いは、かけがえのない存在になれるのだと思う。

ひとつとひとつ、お互いが添うている。

 

逆に、

そのような事を試行錯誤しない場合には、

ずっと、なんだか嚙み合わせが合わないなぁ、という我慢をして、

暮らす事になってしまう、のかもしれない。