読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護保険に負けた、「福祉」

福祉 には哲学が必要だ。

あけましておめでとうございます。2017年。平成29年。

あけましておめでとうございます。

 

と言っても、この辺境のブログに誰が来るというものでもなく、

ただ自分に対してのけじめ、備忘録ですが。

 

今年も、生業を継続していくでしょうけれど。

スタンスは変わらずに、やっていく事でしょう。

 

さて、

 

人間を相手にしている仕事、退陣援助職を生業にしているが、

僕の分野で行くと、どうしても「医療」と「福祉」になってしまう。

だから、詳しくないことは書けないし今は興味もあまりないから、

つらつら、書く。

 

福祉系の仕事をしている人が、医療系の仕事に転職する人がいる。

簡単、いや、具体的に言うと、

介護職が看護職になったりする。

まぁ、それはそれでいいのかもしれないけれど、僕はこういう人たちは

どこまで介護を知って、転職種(造語)したのだろうかと思う。

けれど、探求しない介護職よりは腐ってはいなかったんだろう、とは思う。

 

 

僕が介護職から抜け出せないでいるのが、人間がわからないからだ。

実は、抜け出したこともあるのだけれど、戻ってきた。正確には。

結論から言うと、

僕の考える仕事に終着点はないし、結論はないし、完成はない事だけがわかっている。

僕の人生は、未完成のまま終える。

そしてそれで僕は十分だと思うのだけれど、年始から縁起でもないことを言っているのかもしれないけれど、

完成してしまったら、それは大きな「誤解」であり「嘘」だからだ。

人間という存在は、つかみどころのない存在であって、

人の心というものは、まったくわからない。

常に想像する。

だけれど、答えなんてない。答えらしきものに到着した途端、別の答えに行き着いてしまう。

もしくはその可能性を含んでいる。

心理学、哲学などは、一定の指針になりはするけれども、しょせんは統計学であって、

学問(科学)にしたとたんに、それは個別性から離れていく。

僕は学術者ではないから、一定の法則を知ることは役に立ってもそれは同時に囚われる要素を持つこととなる。

この相対する法則を常に感じて(そんなにアンテナは張ってない、疲れるね(笑))、

考える時には考える。

 

現在の科学とは、かりそめの約束事であるだけだという事を、改めて感じていたい。

下顎は不変ではないし、それは統計上の暫定値であるだけであって、

その暫定の上に、現在の医療は成り立っているだけであるという事を、

真摯な医師は、既に気づいて、命と戦ってくれている。

(そんな医師に出会うと、本当に心から頭が下がる)。

 

心というわからない、安定していないモノを基盤として、

その上で毎日の仕事をするという事は、大変労働なんだと思う。

 

宗教が存在する事のゆえんは、恐怖であり、

人は常に安定を求める。

不安定なものに、人間は基本的に恐怖する。

宗教は絶対的であって、他の可能性を否定すると僕は思っている。

僕にとって宗教は、安定を求める人の心の在り方に依拠していると思っている。

(だから宗教を否定しないけれど、妄信している人を否定する)。

それほどに、宗教がマヤ文明の古からあるように、

「何かを決定してくれるモノ」

「絶対を保証してくれるモノ」

「方針を決定してくれるモノ」

を、本能的に人は求める。

決定的に、存在の不安感としてこの点に、人間が悲しいくらいに弱い。

そんな人間であり、自分がその一人であることが愛しく思えるくらい、人は安心を求める。

しかも、心の安心という、なんともつかみどころのない、

元来不安定であることが規定されているモノに対して、安定を懇願している。

人に対しての、

「慈愛」「慈悲」「慈しい」

こんなような、感情が根底にあるのだと思う。

僕がこの仕事から抜け出せないでいるのは。

まったく、人は悲しい存在です。

 

 

だから、

医療職に転職種する動機が知りたいな、と思う。

医療という科学を基盤にしている職種へ行く事は、

まったく介護という、非科学的な分野からの脱皮としては、

対象者が人間であるという事のみ同じであっても、

集中する点が違う。

 

心を看ない医師でも、病を治してくれれば、感謝できる。

優しいだけで、病気を知らない古い薬しか出せない医師は社会悪だ。

 

「心なんて関係ない」、そんな援助職に、自分の何を話せるというのだろう。

僕の仕事のそのほとんどは、9割は、

相手との信頼であって、真摯に取り組む事以外に持続する方法が無い。

「おクスリ」なんてなくって、日々の「思いやり」しかない。

できていないから、日々の努力を必要としているという、至極当然な姿だ。

 

不安定に疲れてしまったから、医療職なんですか?

(お給与ですか(笑))

 

今年も、

「不安定に、安心して安定する。」

という矛盾するようで、

とても自然な姿を目指し続けるものでありますように。

そして、永遠にそこに自分は行き着かないことに、呆れ疲れてしまいませんように。