読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護保険に負けた、「福祉」

福祉 には哲学が必要だ。

援助者の傲慢、越権。

世帯構成:本人70代女性と、娘30代の二人暮らし。父親は他界。娘は所謂不倫相手の子供であり、父親亡き後は本人が懸命に働き育て上げる。

 

主介護者である娘から毎日のように電話連絡あり。本人がヒステリー(医学的な意味で)の状態になり、攻撃的、暴言を吐く等の行為がエスカレートしている。この間はバスの中でも大声で反社会的な言動を言って、大変な目にあったと。

 

本日、定期訪問にて、本人と主介護者の娘と面接する。

 

本人からの話しにて、自分は生きているだけで娘の人生を駄目にしている。娘が独身でいることも自分がいるからである。自分がいるから、娘は嫁にいけないのではないか、等、自虐的な感情の最中にいた。

 

反面、主介護者の娘からは、「でも、お母さんはたまに「私の面倒を看るのなんて子供として当然だろ!」っていう時もあるよね。

と、返す。

 

本人としてはヒステリー状態の中で発している言動は、明確な記憶に残っておらずに、娘に言われると、「私、そんな事を言うんだね、どうしようもないね」と、落胆する。抑うつ傾向がみられる。

娘も、日ごろの介護へのストレスから言い過ぎたと気付いたのか、「お母さんのことを嫌いじゃないんだよ、でも、あんな言い方を毎日されていたら、私だって本当につらいから。」  と。

 

長谷川式スケールを実施すると30点中27点を取る。主治医からは認知症と診断されているが、ここ1年くらいの付き合いにて認知機能の低下を見られないことから、自分はこの診断を診断としてだけ受け止めている。

 

この抑うつ傾向の原因は、自責の念。

自分の存在の否定。

 

母として。

ひとり、娘を育てるためにいくつものパートを掛け持ったこと。

子供を世間体の悪さから守りたいと、ずっと思い耐えてきたこと。

今でも、自分の病気や精神的不安定よりも、娘の将来の心配をケアマネジャーに吐露している事。

どこまでも、母であること。

しかし、母は結局単なる役割であって、あなた自身だって何度誰かに頼りたいと思っただろうこと。

それがかなわずに、必死に今まで耐えて耐えてひとりの娘を育て上げた事。

そんな娘は、

今、娘が愚痴は言うかもしれないけれど、大事に介護を続けている事。

泣き言をいっぱい言うけれど、お母さんのことを一番好きでいる事。

これら、

まぎれもなく、あなたが必死の苦労で育てる事が出来た、かけがえのない娘である事。

 

自分の価値は、自分では一番わかりにくい事。

自分を否定する事、卑下する事、邪険に扱う事、これらは一番簡単な手段。

自分を大事にすることが、実は一番難しい事であると。

自分の価値は自分ではわかる事が出来ずに、誰かを必要とする事。

この、お母さん思いの娘を育てたのは、紛れなくあなたです。

貴方に価値が無いなんて、娘をみればわかるんじゃないかな。

母として、こんな人を思いやれる娘を育てたという事は、

あなたに、生きている価値があるという事。

 

だから、生きていていいんですよ。

病気が治っても、治らないでも、あなたは生きていていい。

そのまんま、生きている資格が十分ありますよ。

あなたには価値があるんです。

それを教えてくれているのは、娘さんですよ。

 

 

と。

自己否定、存在の否定から発する、フラストレーションからのヒステリー。

「殺せばいいだろ!」

「いつまで私をかまってるんだ!」

「こんなまずい飯が食えるか!」

本当は、

「自分がいることで、娘であるあなたをこれ以上苦しませ不幸にするのならば、

 私は消えてしまいたい、でも、私から言えないから、私を嫌いになってください。

 そして、捨ててしまってください。あなたを苦しませていることがつらいんです。」

という悲しい気持ちの、反動なんだろう。

 

 

ただ、

人は、矛盾する弱い人間であるのだから、

親も歳を取れば子供にすがりたくもなる。それも本心。

邪魔にはなりたくないことと、

子供にすがっていたい親の性が同居するのも、人。

 

「それでいいんですよ。完全な親をみせないで。

 強がっているけれど弱いのが人である、親であることを子ともに見せることも、

 きっと、子供の想い出になり、お母さんへの愛着になりますよ」

 

涙の中の、会話が終わり、

その世帯を後にするときに、偉そうなことをこれだけ吐いた時に、いつもそうであるように、

この寒空の下で、俺はどれほどの存在なんだろう、と思う。

偉そうに、人に説教を垂れて。

俺だって、自分の事で精いっぱい、いやそれさえ不十分なのに。

どこから、あんなことを言えた人格者なんだってんだろう。

こんな自分が吐き捨てるくらいに、落ち込んでしまう。

本当に、偉そうなことを言う。

俺は、とてもとても、よわっちい人間で駄目なのにね。

 

でも、最近は、そんな自分を少し、許せるようになったことが、

何よりの、成長なのかな、とも思う。

 

 

ケアマネジャー。

そんなもん、大嫌いだし、誰かに必要とされるための仮面、手段でしかない。

困っていたら、ほっとけないじゃん。

それ以上が、俺にはない。

 

だから、介護保険なんて、正直どうでもいいんだ。