読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護保険に負けた、「福祉」

福祉 には哲学が必要だ。

ユニット型施設の課題について-2

前回、番号を振ったのだけれども、それにはかかわらずに徒然と書いていく。

 

もともと、ユニット型施設とは「宅老所(=現小規模多機能)」をモデルに考案されたスタイルだ。

グループホームもそうであるけれども、

少人数を固定した人間関係に置き、一定の固定した職員により「馴染み」の関係を作り、

より深いレベルでの「個別ケア」であるとか「認知症のケア」を、実践できる、

というはずであった。

「宅老所」で実践されていた馴染みの関係、認知症に対するケアは、

先駆的に行ってらっしゃった方々にとってみれば、

「必要に迫られて行っていた結果」辿り着いたスタイルであった。

職員は主に地域の主婦であったり、志の新たな介護職員であったり、

いずれも既存の「出来上がった集団ケアへのアンチテーゼ」として始められていた。

何よりも大事にされる事は「その人らしさ」と「どうして暮らしていきたいか」。

「宅老所」は、現在の介護保険事業所でいう「小規模多機能」という名前のごとく、

本当に多機能であって、

日によって、デイサービスにもなるし、今日は泊っていくか、に対応するし、

今日は来ないけれどどうしたかな、の訪問介護も提供する。

介護保険事業所としての「小規模多機能施設」では、細かい運営基準や算定要件等が事細かに決められているが、

前時代的な(現存しているけれど)宅老所には、

「好きな時に来て、好きな時に帰る。時々気が向いたら泊っていけば。

 困った事が家であったら、手伝いに行くよ」

という地域の「よりあい」の場であるだけで、特に認知症対策であったわけでもない。

認知症に効果的であるという事は、偶発的な後付けの理由でしかなかった。

 

そんな必要に迫られて、地域の人たちが好きで始まった「スタイル」を、

ハードだけ真似て作られたのが、

グループホーム」であり、

「ユニット型施設」である。

 

**続く**

ユニット型施設の現状。

以前勤めていたユニット型施設での話となるが、

認知症実践者研修の折にも訪問した施設でさえ、同じような課題を抱えていたので、

おおよそこのような課題はどこにも、、、

実践者研修の研修に指定される先駆的施設と言われる施設であっても、

抱えている課題であると思えるので、書いてみる。

 

ユニット型施設の人員配置について。

基本的に人員基準から言えば、日勤帯に1ユニットで一人、

夜間帯で2ユニットで一人の人員が配置されていればよい、とされている。

大きな問題がここにあるのだけれども、

① イベント事をする時には、人員を集めにくい。

② 先輩からの指導を受けにくい。

③ 個別ケアをするには、職員同士の意思疎通のための交流がない。

 

簡単に考えて、最初にこのような3点の問題点が思い浮かんでくる。

今後、折を見て書いていきたいと思うけど。

予定は未定。

 

とにかく、ユニット型は孤独である。

それを職員にとって人間関係が楽である、という人もいるかもしれない。

だけれど、職員のメンタルヘルスについてはデメリットの方が大きい。

この2つはいい。

平成28年年度の介護福祉士試験から実務者研修終了が義務化されるが、結構な時間数で「450時間」程度を厚労省は見込んでいる。

1日8時間の研修を受けたとしても、56日間に及ぶ。

 

およそ現実的ではないと思うけれども、万が一、もしくは時間数の権限が図られたとしても、

会社側で研修費を出してくれない人や現役ではない人の為に、

「研修費の貸し付け」は魅力的だ。

本来は給付が良いのだろうけれども、当該都道府県で一定期間当分野で働けば免除される仕組み。

以前からあったようにも思うけれども、それが拡充される「案」だ。

 

現段階では、まだ素案であるけれども応援したい。

 

f:id:kiki-popo:20150919234425j:plain

 

 

f:id:kiki-popo:20150919234428j:plain

休日の過ごし方。

休みの日の過ごし方、が、俺は下手なんだな。

 

仕事に疲れた様子の三浦氏は、森に帰ると言っていた。

「森」とはどこの事を指しているのだろうか。

家族、であろうか、

本当の森林であろうか。

 

自然の中に自分を置く事も大事なのかもしれない。

 

でも、俺は相変わらずに、

休日の自分の心の充電の仕方をわからないでいる。

仕事の事を延長戦として行う事が有意義であるのか、

全く関係のない、自分の好きな、没頭できるものに時間を費やす事が「良い」のか。

好きなものが今のところない自分では、休日は惰性のうちに過ぎていく。

 

どちらが自分に合っているのか、わからない。

 

こんな時は、いつもの癖で本に逃げるのかな。

関連する本を探して、買ったり借りたり、しながら、

それで満足してしまう傾向・

 

自分の生き方のスタイルを固定するという事の難しさ。

自分を知る事の困難さ。

 

自分の快、不快を、把握していないのか、しているのに認識していないのか、

それを実行するだけの、気力がないのか。